いま仮想通貨は、どれくらい認知されている?

スポンサーリンク
PC下広告

いま現在の日本における仮想通貨の認知度はどれくらいだろうか。
もう市場は飽和状態なのか。それとも、まだ市場は拡大中なのか。

現状を想定する上で、参考になる考え方は2つある。

①ゴールドラッシュ

金塊を掘り当てた先駆者は莫大な利益をあげることができる

ゴールドラッシュは1848年頃に始まり、1853年頃に終焉を迎えた。
先駆者は利益を得られる。後発組は損をする。

カリフォルニアのゴールドラッシュは、サクラメントに近いアメリカ川
からはじまりました。アメリカ川の砂金がとり尽くされた後は、金採掘
の現場はロッキー山脈や、シェラ・ネバダの山々へと移りました。ちょ
うどそのころ、川へ流出する砂金の源泉、つまり金山が発見されたから
です。

アメリカ川の砂金を取っていた頃に一般的だった方法は「選鉱パン」と
呼ばれるザルを一人ひとりが手にもち、川の底をさらうという原始的な
方式でした。金山が発見されてからは専用の設備が整えられ、本格的な
金山開発がはじまりました。

専用の設備での採掘が本格化したため、金の産出量は増えました。です
が、市場で金がダブつくほどになってしまい、市場価値が低下し採算が
合わなくなりました。資本家たちは金山開発から手を引き、金山は次々
と閉鎖に追い込まれたのです。

②靴磨きの少年

市場はもう飽和していて、大暴落がおきる

パパケネディが1929年の大暴落を予見したきっかけの逸話。

ある時パパケネディは路上で少年に靴を磨いてもらっていた。

その最中、靴磨きの少年からこんな一言を掛けられた。

『おじさん!今○○の銘柄を買ったら絶対儲かるぜ!
これはココだけのナイショの話だからな!!』

これを聞いたパパケネディはこう心の中でこうつぶやいた。

『靴磨きの少年までもが株式相場が絶対上がると思っている。これは正常ではない。』と。

パパケネディは買い増し続けていたポジションの手仕舞いにすぐさまとりかかり、全く無傷で大暴落をやり過ごす事となった。。。。。

ここまでが前段。じゃあ、仮想通貨はどうなのか。
仮想通貨に興味を持つ可能性があるのは投資に興味がある人。
投資といえば、FXと株。

ベンチマーク指標

2ch掲示板の各板で最も勢いのあるスレッドの数値をそれぞれ調べてみた。

株 → 株式板 → 2837.6

株式 - 5ちゃんねる掲示板

FX → 市況2板 → 13361.3

市況実況2 - 5ちゃんねる掲示板

仮想通貨 → 仮想通貨板 → 937.7

仮想通貨板 - 5ちゃんねる掲示板

(調査時刻:2017/06/22 23:54)
※夜間帯が最も人が多いと思うので、妥当かなと想定。

仮想通貨民の人口はどれくらい?

ここから、仮想通貨民の人口を推計。
株の1/3程度。 
FXの1/13程度。

今後、どれくらい増える?

仮想通貨の終局の最大人口を株/FXの半分とみても、
まだ株で考えても最低1/6倍はあるし、
FX民が移行すれば、6倍くらいは増えると思われる。

どちらかと言うと、個別銘柄選定がいらないFXのほうが
仮想通貨と売買方法が似ているので参考になる気がする。

結論として

まだ潜在人口の全員が仮想通貨の存在に気づいているわけではないと思いました。
ということは、まだゴールドラッシュの途中なのではないかな・・?と想定してます。
#投資は自己責任ですが。。

ときどき、定点観測してみようかな。

↓XEMが買えるZaif

↓XRPが買えるcoincheck
日本で一番簡単にビットコインが買える取引所 coincheck bitcoin

スポンサーリンク
下広告
下広告