投資信託の状況について(7月/SBI証券)

スポンサーリンク
PC下広告

投資信託の含み益は+25万円、損益率は+13%になりました。
投資は利益の絶対値も大切ですが、損益率も重視しています。
現状の投資信託におけるポートフォリオ内訳をみると、ひふみプラス、新興国株式と外国株式が大きく貢献してくれています。

ひふみプラスとインデックスファンド

ひふみプラスはSBIでも人気のアクティブファンドです。
インデックス投資の利回りを超える収益が期待できる投資信託であるため、ポートフォリオに組み込んでいました。

ひふみの特徴 | ひふみプラス | レオス・キャピタルワークス株式会社
レオス・キャピタルワークスが運用する「ひふみプラス」とひふみ投信・ひふみ年金に共通する、3つの特長や守りながらふやす運用の仕組みをご紹介します。

ただ、日経平均が大きく下げたときにインデックスファンドと比較して下落率が高かったため、追加投資は停止しています。
株価低迷期に積み立てていて、いまは経済が好調なので損益率としては高く見えている形であり、実際の損益率はインデックスファンドと同等程度ではないかなと思います。

投資信託から仮想通貨の投資へ

投資信託への積立投資額はトランプバブル以降減らしています。
その代わりに仮想通貨への投資(Zaifのコイン積立)を始めました。

↓Zaifのコイン積立はこちらから

当初は投資信託について毎週報告できたらと思っていましたが、
仮想通貨に資産を配分したこともあり、更新が滞っていました。
そのため、投資信託は今後不定期更新にしていこうかなと思っています。

ポートフォリオ全体を見ても、株式投資による資産よりも仮想通貨の資産が上回っています。
資産の分散という観点では株式投資を続けることにも価値があると思っているため、
引き続き、投資信託の積立は続けたいと思います。

投資信託の前回報告

前回は、+22万でした。

今週の投資信託の状況について
しばらく間が空いてしまいましたが、投資信託の報告です。 ワールド・リート・オープンからは撤退してます。 JREIT含めて、リート全般が元...

前回との差分は、コモディティへの投資をやめています。

スポンサーリンク
下広告
下広告