NinjaSoulってなに?(BitShares/User-Issued Asset)

スポンサーリンク
PC下広告

2017年7月11日に始動したばかりのNinjaSoulに参加しました。
初回のパブリックオファーに参加できます。
キャンペーンコード『moneytrade』を使えば購入額の10%がボーナスとして貰えます。

NinjaSoul Projectってなに?

NinjaSoulはWEBサービスと仮想通貨を紡ぐオリジナルアセットです。

NinjaSoul Projectは仮想通貨のコミュニティ支援、開発支援を目的に各方面のスキルを持ったメンバーとプロジェクトが参加しています。

WEBサービスに仮想通貨を融合したサービスの開発を行っていきます。

NinjaSoul Projectの公式ページ

NinjaSoul Project – WEBサービスと仮想通貨を紡ぐアセット

NinjaSoulの特徴

  • BitSharesプラットフォーム上のUser-Issued Asset(アセット)
  • NinjaSoulは非中央集権型の取引所OpenLedger上で公開時から取引可能
  • BitSharesは時価総額13位なのでMONAコインよりも上位です。

    NinjaSoulはBitSharesの仕組みを利用してユーザー独自で発行された通貨になるので、仕組みとしてはZaifのトークンに近いですね。

    Zaifで購入できる、トークンってなに?
    Zaifでは、Bitcoin、MONAコイン、XEM以外に、トークンを扱っています。 これは、Counterpartyを利用した仕組みです...

    BitSharesによるUser-Issued Assetの解説

    https://.org/technology/user-issued-assets/

    OpenLedgerアカウントの登録方法

    NinjaSoulの取引にはOpenLedgerのアカウントが必要です。

    https://ninjasoul.net/openledger-account
    分散型取引所のOpenLedger(オープンレジャー)の使い方
    OpenLedgerについての詳細はこちらで解説しています。 ここではアカウント開設~簡単な機能説明をしてみたいと思います。 目次1 アカウントの開設1.1 アカウント名とパスワードを入力1.2 数字やハイフンを加えておく1.3 CREAT

    初回のパブリックオファーを実施中

    初回のパブリックオファーについては以下の基準価格を適用します。

    1 BTS = 20 NINJASOUL
    1 BTC = 300000 NINJASOUL
    1 MONA = 100 NINJASOUL
    1 ZNY = 0.1 NINJASOUL

    NinjaSoulパブリックオファー参加フォーム

    キャンペーンコード『moneytrade』

    NinjaSoulパブリックオファー参加フォーム
    2

    OpenLedgerにおける取引画面

    NINJASOULは対BTS価格で0.05BTSで取引されています。
    10%のボーナスを考慮すると、パブリックオファーに参加するほうがお得ですね。
    ただし、まだまだ通貨の流通量が少ないため、価格の流動性はなさそうです。

    キャンペーンを実施中

    NinjaSoulは現在キャンペーンを実施しています。
    合計600NINJASOULを無料で手に入れることができます。
    手に入れたNINJASOULをBTSやUSDなどに取引所で交換することも可能です。

  • NinjaSoul Project公式Twitterアカウントフォロワー限定(200 NINJASOUL)
  • BitZeny投げ銭ボット『ぜにぃ姫』twitterアカウントフォロワー限定(200 NINJASOUL)
  • NinjaSoul Projectニュースレター購読者限定(200 NINJASOUL)
  • 今後について

    まだ通貨の流動性がないのでこの先どうなるかは不透明ですが、
    現在のMONAコインのように注目度があがれば数年後に価格が上昇しているかもしれませんね。