ビットコインって何が凄いの?

スポンサーリンク
PC下広告

仮想通貨と現実の通貨は何が違うか?

ビットコインは仮想通貨です。
円は日本国で発行されている通貨です。

そもそも、通貨とは、信頼によって成り立っています。
日本円は、日本という国に保証された通貨です。
ビットコインは、管理する主体が存在しません。
なので、信頼感が違うと思う人もいます。

しかし、、円で物が買えるのも、国による保証を皆が信頼しているからなので、
ビットコインを信頼する人が増えると通貨としての信頼感が出るので、
ビットコインで現実の商品と交換していいという企業が増えます。

日本のビットコインが使えるお店(ビットコイン決済対応店舗) | Bitcoin日本語情報サイト

この傾向が続くと、通貨と仮想通貨は、本質的には同じ価値を持つようになっていきます。
ということで、仮想通貨の特徴を簡単にまとめると、、

仮想通貨の特徴

・購入・支払い方法は電子マネーとほぼ同じ
・仮想通貨による取引時は計算処理が必要
・通貨の種類が違うイメージ(円、ドルと同じようにBTC、XRPなどが一つの通貨)
・送金手数料が現実の通貨より安い(特に海外送金)
・採掘(マイニング)ができる

採掘(マイニング)ってなに?

マイニングというのは、仮想通貨独自の概念です。
通貨の取引記録をするのに膨大な演算処理が必要となるため、
演算処理をする人にインセンティブを与えています。
それが採掘(マイニング)です、

ビットコインの8/1分裂問題も、このマイニングする人達の
演算処理インセンティブが減少することがひとつの要因です。

取引処理におけるスケールアウト問題

仮想通貨によっては取引量拡大における大量処理に対応できず、
処理遅延が起きることが判明しています。
実際に、ビットコインやイーサリアムは人気ICOの入金時に処理遅延が起きていました。

http://bilee.net/slow-transaction-of-/

イーサリアム(ETH)価格が下落。ネットワーク混雑が原因か。 | ビットコインラボ
イーサリアム(ETH)価格が6月21日~22日にかけて下落しました。原因はネットワークの混雑です。イーサリアムを利用したICOが活発になっていますが、それによりイーサリアムの注文が急増し、ネットワークに支障が生じました。 目次 イーサリアム(ETH)価格が下落 イーサリアムクラシックも下落 市場は意外に冷静だが 基軸通...

このようなスケールアウト問題に対応できないと、
現実通貨のような取扱量になった場合の処理はできません。

仮想通貨の特徴まとめ

仮想通貨には以上のようなメリットがあり、
本質的に中央銀行の存在しない「decentralized」な仕組みであることから、
海外では政府による中央集権体制からの脱却ができると考えている人々もいるようです。

一方で、仮想通貨によっては大量の取引に対応できず、アップデートを実施する必要がでています。

ビットコインでは、対策としてSegwitやSegwit2X、UASFなどが検討されていますが、
マイニングする勢力と、利用者で利害が対立しています。

Segwitとは?(初心者向け) - とってもやさしいビットコイン
ビットコインに関する用語「Segwit」についてご説明させていただきます! ビットコインに興味を持って色々と調べていくうちに出てくる「スケーラビリティ問題」に関係した「Segwit」という用語。初心者の方にとっては全く見たことも聞いたこともない単語だと思いますので技術的な話を省略してご説明させていただければ、と思います...
UASFについて
UASFについて

中央集権な仕組みが存在しないことから、意思決定することができない状態となっています。
これが、「decentralized」な仕組みのデメリットです。

今後について

仮想通貨の市場規模が拡大することを期待してはいますが、
現実通貨と仮想通貨の主従が置き換わるほど発展すると、
国による社会保障費が捻出できなくなり、国家存続自体が危うくなるので
今後の動向が気になるところです。

ビットコインの特徴

ビットコインの特徴について、わかりやすい動画があったので紹介します。

スポンサーリンク
下広告
下広告