直近ICOに参加するか、悩んでた

スポンサーリンク
PC下広告

悩んだ結果、今回は見送りました。

直近ICOに対する考え

ICOですが、ALIS、COMSA、bankeraについて、見送る方向です。
主な理由は、1000万も資金がないことと、仮想通貨界隈で人気があるからです。

ALISに対する見解

ALISについては、なんか考えが浅い、、っていう印象が主な理由です。

ALIS
ALIS is Japan's First Social Media Using Blockchain Technology

WhitePaperによると、ALISの特徴は以下のようです。

  • steemに感動した
  • 日本用に最適化
  • 仕組みがわかりやすい
  • ・・・アルトコインとしての独自性を感じないです。
    価値がある記事で報酬を得る仕組みはNaverまとめで実現済では・・・?

    評価ロジックの浅さ

    評価ロジックも、割と浅い。。。
    記事のポイント獲得に関する計算式は以下の通り

    評価ロジック
    Zi=Ai+B(good)-B(bad)
  • Ziはもらえるポイント
  • AiはALISトークンの保有割合
  • B(good)はいいねの合計 ※記事に対する評価ユーザが10以上でいいねを加算
  • B(bad)は低評価の合計 ※記事に対する評価ユーザが10以上で低評価を加算
  • ※badがgoodの2倍だとZi=0

    記事で収益をあげるコツ

    記事投稿者はZiが多いほど、比例配分でALISトークンをもらえるようです。

  • ALISトークン大量保有者ほどポイントが多くもらえる
  • 低評価がいいねの2倍以下ならポイントがもらえる
  • 既得権益が利益をあげる仕組みですね。記事書くだけでAi分の収益です。。。
    短期的に収益を上げたい場合は、記事作成マクロを組むといいでしょう。。。
    炎上記事を書かない限り、普通の記事で低評価がいいねの2倍もつくことはないでしょうね。。。

    なお、この仕組みを変えるには、トークン保有者による投票が必要だそうです。

    さて、ALISトークンを持たない新規参入者が良質な記事を書くモチベーションはどこ?
    (wikipediaでもよくない?)

    そもそも、トークンを介在させる必要性はどこだろう・・・。
    Webサイト立ち上げて、いますぐできる気がする。。。

    ALISトークンのよいところ

    批判するばかりでも良くないと思うので、いいところもあげてみます。

  • 日本初のICOと銘打って認知されている
  • 競合サービスに対する収益性
  • 仕組みが単純
  • 日本初のICOと銘打って認知されている

    事実はわかりませんが、仮想通貨ブームがきたタイミングで日本初と認知されています。
    時代の流れには乗っている気がします。
    仮想通貨の成長性を考えると、トークンの価値があがる可能性もあります。

    競合サービスに対する収益性

    NaverまとめやAdsenseとの収益性の差で記事数が増える可能性はあります。
    ちなみに、Naverまとめはヒット記事にならないとそんなに収益あがらないです。。。
    多くのブロガーは記事でアフィリエイト収益をあげる仕組みを認知しているので、
    ALISが発展するかどうかは利益率で競合サービスを超えられるかどうかですね。。。

    仕組みが単純

    わかりやすいことは、新規参入の敷居を下げます。
    Naverまとめで記事を書く層は、自分でブログを立ち上げられない層と考えられるので、
    そういったターゲットにアプローチできるUIのサイトにすることは、記事数増加に繋がる可能性があります。

    日本初らしいので、ICO投資したらなんだかんだ収支プラスになる気はします。。

    COMSAに対する見解

    COMSAは、whitepaperの内容を読んだ限り、技術的におもしろいので期待したいです。

    NEMが25円に急上昇!テックビューロのICOソリューション『COMSA』ってなに?
    資金調達のICOプラットフォーム「COMSA」をテックビューロが発表し、現在XEMの価格が25円まで上昇中。すでに、COMSAのホワイトペー...

    アグリゲート・トランザクションって名前がかっこいい

    名称はさておき、アグリゲート・トランザクションは実現すると凄いなぁと思っているのですが、売買の板が薄い通貨同士だと、どうやってトランザクションをロックインするのかイメージがわかないです。。取引順序性含めた実装制御が難しそう。。。

    「COMSA」特長 | COMSA

    catapult実装による妄想

    COMSAの仕組みが実現できたら、HUB通貨のトランザクションが急激に増えると思います。
    想定ですが、HUB通貨はXEMだと思うので、NEMのトランザクションが増大することになります。

    NEMのトランザクションコスト値下げ

    NEMのトランザクションコストが値下げされたと思いますが、catapultで増加することを見越して対処したのかなと推察します。
    この想定があっているとすると、NEMはProof-of-Importanceを採用しているため、SN保有者の価値があがることになります。
    SN保有者は将来安泰ですね。。。

    ※SN=スーパーノード 300万XEM保有するとなれるらしい

    7. Proof of Importance(重要度の証明) · GitBook

    COMSAの狙いはどこか?

    COMSAとはICOプラットフォームを構築することでXEMのSN保有者にメリットを与える施策ではないかと考えてます。

    COMSAプラットフォームを活用し、HUB通貨のトランザクションが増える
    → SN保有者が利益を増大させる

    自分はSN保有者でもなく、COMSAプレセールに参加できるお金もないので参加しないです。。。
    プレセールに参加できるなら、いいかもって思います。。。(お金ほしい)

    bankeraは?

    bankeraは、銀行の預金みたいな仕組みで金利が発生するのが特徴らしいです。
    独自性ってなんだろうかって考えた結果、スルーしました。

    https://-x.com/bankera-ico/

    もしかしたら、大化けするかもしれないです。その時は諦める。。。

    ということで、コイン積立を扱っているZaifはこちら。

    ↓XEMが買えるZaif

    ↓XRPが買えるcoincheck
    日本で一番簡単にビットコインが買える取引所 coincheck bitcoin